【映画】メリー・ポピンズ リターンズ 感想

 

 

 

 

 

はじめに

美女と野獣」「アラジン」など、最近ディズニー作品のリメイクや続編が数多く作られていますね。今回感想を書く本作もそれに該当し、明るくて楽しいポップな典型的なディズニー作品で良いです。好き嫌いは別ですけど、老若男女視聴出来るクセの少ない作品だとは思います。

 

では、これから感想を書いていきます。

 

 

 

 

ー目次ー

 

 

 

 

 

あらすじ

前作から25年後の大恐慌時代のロンドン。ジェーンとマイケルは大人になり、マイケルは3人の子供、ジョン、アナベル、ジョージーの父親となっていた。突如訪れた大きな悲劇に一家は以前のような明るさを失ってしまう。

彼らに人生の歓びを取り戻させるため、再びメリー・ポピンズがやってくる。

 

 

 

 

感想

「ミュージカルはテンション上がるけど、作品は普遍的だし上映時間長くて疲れた…」

 

上記が視聴後の率直な感想です。

 

題材やキャラクターは子ども向きなのに関わらず、上映時間2時間超えなので体力無いとしんどいと思います。また、ストーリー展開も単調なのも退屈に感じてしまい楽しめなかった。

Emily Blunt(メリーポピンズ役)やColin Firth(ウィリアム/オオカミ役)の2人の演技は良かったけど、他に突出した点が無かったですね。ミュージカルパートも良いけども、それだけではイマイチ楽しめないですね。

とりあえず疲れました。んーって感じです。

 

 

 

 

最も良かった点

ミュージカルパートです。リズミカルでポップな曲調と歌声がマッチしていて楽しかったです。本作の面白味もここに注ぎ込まれていたと思います。

 

 

しいて言うなら悪い点

ストーリー。長過ぎて退屈に感じてしまった。子ども向きなのかリメイクを望んだ大人向きなのか、焦点が絞り切れていない印象を受けました。

 

 

評価

ストーリー  ×

キャラクター  △

演出  ○

面白さ  △

リピート  ×

総評★★★☆☆(3.4点/5点満点中)