Playing Leisure

外資系勤務の26歳が書く娯楽感想記。

【映画】Bird Box 感想

 

Bird Box (English Edition)

Bird Box (English Edition)

 

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

視聴した感想

・ストーリー

「それ」を目にしたら死ぬ。日常生活を送るのに欠かさない視界が奪われる恐怖と、一発でゲームオーバーになる恐怖が同時に襲ってくる。

こういう風に「いつやられるか分からない。」、一気に追い詰めてハラハラさせる展開は良かったと思います。

また、ストーリー設定も面白いなと思いました。「それ」を見たら自殺衝動に駆られるというのも死に方として斬新で、ある特定の人間は「それ」を見ても死なないっていうのも、謎が深まる感じがあったような気がします。

ただし、全体的に暗くて重苦しくて怖さは少ないので、どこか視聴していてキツい部分がありました。時折眠くなることもしばしば。

こういう静かな雰囲気で話が進んでいきながら弾けるようなインパクトも無いため、かなり大人向けな作品だったなと感じました。私は好きになれなかったです。

 

 

・キャラクター

Sandra Bullock演じる、たくましい母親のマロリーは非常にキャラが立っていて良かったと思います。我が子を守り切ろうと必死にサバイバルをくぐり抜ける姿は、カッコよかったです。

他にもJohn Malkovichといった実力スターが勢揃いしており、ストーリー自体は微妙なのに作品として一級品に上げていたように感じました。

しかし、見ると死ぬ「それ」が最後まで分からなかったのはちょっとヤキモキしました。【ミスト】のような感覚に陥りましたね。言及くらいしてくれても良かったんじゃないかなと思います。

 

 

・演出

緊張感煽る撮影法と音楽は共に作品に合っていて良かったです。序盤のシーンの暴走運転するとこや燃えてる車に突っ込むとこは、本作特有の不気味さを表現されていたかなと。人間が醸し出す恐怖というのが、しっかりと描写されていました。

従って、演出に関してはかなり高い評価を得られるのではないかなと。とても素晴らしかったと思います。

 

 

・面白さ

んー、イマイチだったですね。やはりストーリー上インパクトが無いというのは、「思いっきり楽しめた」「感動的だった」のような感想は抱きづらいです。

「ストーリーはまあ理解できたけど、あまり面白くなかったなあ」これが素直な感想です。

 

 

・リピート

無いです。あまりオススメもしません。

 

 

 

 

総評(各項目0〜1点、5点満点評価)

ストーリー  0.5

キャラクター  0.4

演出  1

面白さ  0.5

リピート  0

合計  2.4