Playing Leisure

外資系勤務の26歳が書く娯楽感想記。

【ライフスタイル】auからUQモバイルに乗り換えて1年。使い心地と様々な変化について

 

 

 

 

 

 

UQモバイルに乗り換えた理由

まず、何故乗り換えようと思ったか。それは、1ヶ月で8000円以上かかる利用料金が家計に響いたから。パケット通信量とかオプションを削るだけ削っても、1ヶ月6500円前後に抑えるのが限界だった。

もし、この固定費用が更に少なくなれば娯楽費用の足しが増える。そうすれば様々な物事に触れ合えて感化する事が出来ます。よって、考えたらすぐ行動が吉なので、乗り換えることにしました。

 

 

 

 

UQモバイルへ乗り換えてみた感想

・月額料金

変更前)6500円/月、パケット3ギガ、電話料金別途

変更後)3300円/月※1、パケット6ギガ、電話1回5分まで無料

※1 契約13ヶ月目まで1000円割引が適用のため、以降は4300円前後になると思われる。

 

・電波通信性

auの電波を使っているから、普段使っていて通信が悪いと感じる事はほとんどありません。むしろ、auを使っていた時と変わりません。電話もネットも十分に使用出来ているので、何の文句もありません。

 

・サービス性

出来るだけ月額料金を抑えたい方からたくさんパケットを使う方まで、料金プランの選択肢が広いので良いです。また、電話は1回につき5分まで無料なので、別途電話料金がかかるようなことも殆どないです。

 

・使用機種について

auの時から使っていたiPhone7にUQモバイルSIMカードを入れてるのですが、操作不良などのトラブルは今のところありません。

 

・料金支払いについて

クレジットカードでの支払いが可能なため、これの文句もありません。

 

・その他

契約内容や月額料金の確認などは全てネット上での確認です。紙面の煩わしさがカットされるのは個人的に良いです。

 

 

 

 

総評

日常生活で使っていく上ではほぼ問題無しで、乗り換えて良かったなと思います。

1番の乗り換え理由である月額料金は、1ヶ月辺り2000円〜3000円の値下げ、1年で30000円以上固定出費を減らす事が出来た。

 

キャリア携帯の安心と安定性、格安SIMの安さの間を取った形になったが、何も行動を起こさなかったり冒険し過ぎるよりは、とても良い選択が出来たと思っています。

 

 

 

 

最後に

携帯電話料金の値下げは実現するのか?

先日、携帯電話の料金についてあるニュースが報道された。政府が大手携帯電話メーカー(docomoauSOFTBANK)に対して、来年10月ごろを目安に自主的な値下げを促すといった内容だ。

詳しくは下記リンクにて。

news.livedoor.com

 

確かに、3大メーカーの携帯料金は高いと思う。料金プランや契約そのものが複雑で分かりにくいし、解約時期も決まっているので自由に買い替えがしにくい。一度契約を結んだ顧客は簡単に離れることが出来ないため、携帯電話業界に新規参入を目論んでも、それがすぐ黒字に転じるかというと現状難しいでしょう。

よって結果的に3大メーカーによる、市場寡占の状態になっているという政府の言い分は理解できます。

故に、3大メーカーの月額料金が値下がりすれば、消費者の選択肢の幅も広がるし新規参入する企業も増えて携帯電話市場が活性化するのではないか。これが政府の狙いのようだ。

 

キャリア携帯の料金が安くなったら今よりも更に格安SIMは立場狭くなるような気がします。格安SIMの1番のメリットである『月額料金の安さ』というインパクトが弱まりますし。

仮に実現するとしてもあと1年先。現時点で携帯料金に悩んでる方は、やっぱり乗り換えすることを強くオススメします。