Playing Leisure

映画や漫画などの娯楽品の感想と、本業の化粧品の使用感想を書いてます。限られた余暇の中で不定期に更新してます。

【音楽】B’zの好きな曲 ベスト10

 

DINOSAUR (初回限定盤)(Blu-ray付)

DINOSAUR (初回限定盤)(Blu-ray付)

 

 



 

10.CHAMP《DINOSAUR(2018年)収録》

最新アルバムの2番目に収録されたこの曲。今年30周年を迎えたB’zだからこそ歌える曲だと思います。サウンドは荒々しくて強さを感じられるところが良く、自然と乗ってくるリズム感ですね。ただ、この曲で好きな部分は歌詞。特に2番のサビは聴いてて奮起させてくれます。

 

I'm a champ, I am a champ
圧倒的じゃなきゃいけない
I'm a champ, I am a champ
その他大勢じゃ意味がない
ぶっちぎる ぶっちぎる

 

 

9.Time Flies《MAGIC(2009年)収録》

最初はこの重いドラムの打ち込みが特徴に感じるB’zらしい曲だなって印象でしたが、聴いてるうちにこの歌詞に奮い立たされるようになりました。当時高校生。自分を変えるきっかけの1つになった曲だけに、結構思い出深い1曲です。

 

あっという間に陽が昇り あんまり眠れたような気がしない
ただ呆然と失うのはイヤ ボクはもっとキミを知りたい

 

 

8.Crazy Rendezvous《IN THE LIFE(1991年)収録》

まだ未熟な男を歌った曲がB’zには多いけど、これはその筆頭なんじゃないかな。好きな女性とドライブ出来たはいいものの、その後どうしようかという葛藤が溢れるような感じが好きです。そして、B’zしてはキーの低い曲だから歌いやすい。

 

帰らせないよ 朝が来るまでは
好きなんだから しょうがない
揺れているテールランプがきっと 幸せのガレージに
導く赤い蛍だと 信じて走りたい
君以外のことなんか全部 どうでもいいから
帰らせないよ やっぱり朝が来ても

 

 

7.love me I love you《17枚目のシングル(1995年)》

この明るい曲に何度励まされたことか。ライブの定番曲なので生で聴ける機会は多いが、それでも聴くたびに感動します。

ハードロックよりポップスに近い、今では少し珍しい曲調でもあります。かえってそれが新鮮に感じられますね。

 

Let's give It away けなしてないで
たまにゃ海も山も人も誉めろよ
なんちゅうLOVE! 自分の芯から
気持ち良くなりたけりゃ今出して

 

 

6.hole in my heart《15枚目シングルMOTEL(1994年)の2nd beat》

人と人との衝突はどうしても生じてしまうもので、この曲はストレートにそれを表現してます。私はのちに発売されたミクスチャーバージョンの方が、曲調が好き。耳に残る感じが良いです。

 

憎みあうわけじゃないのに
なにもかもはゆずれない
耐えがたいこの歯がゆさよ
楽にはなれない hole in my heart

 

 

5.FRICTION-LAP 2-《ACTION(2007年)収録》

全て英語の歌詞なのでなんて言ってるか、さっぱり意味は分かりません。だが、このロックリズムと畳み掛けてくるサビの感じがB’zだなって思う曲。生で聴いたら100%発狂しちゃうだろうなって思います。

 

 

4.恋じゃなくなる日《FRIENDS(1992年)収録》

失恋した瞬間は悲しみが強い。前向きに捉えようと思っても、中々後ろめたさが拭えない。そんな失恋の痛みを稲葉さんが気持ちよく表現していて、松本さんのギターは暗さと明るさの両面を奏でてくれてる、素晴らしい1曲です。

ライブでは殆どやっていない珍しい曲なので、今の2人が演奏したこの曲を1度でいいから生で聴いてみたいですね。

 

僕らが追ってる夢は本当は
同じものかもしれないけど
恋はいらないとつぶやく僕は
ただのひとりよがりだろう
真夜中 舗道で突然その腕を
組んできた君はとても綺麗で
そのまま僕はじっと空を見上げてる
恋じゃなくなった日の空を

 

 

3.アラクレ《BIG MACHINE(2003年)収録》

ハードロックならではの疾走感。身体に響く楽器音と稲葉さんの高音。B’zにしか出来ない曲はこれだなと。曲名通り、これを聴いたら荒れ狂うように暴れ回りたくなるリズムですね。

心が滾る曲というのはこういう曲のことを指すのだと言わんばかりの名曲だと思ってます。是非、またライブで披露を!

 

荒くれ、悶えて 腹くくれ 前を向け
真っ赤な心臓は理性を越えて鳴るよ
時間を断ち切れ 手をのばせ Get on your way
見果てぬ世界だけが 僕を呼ぶ
と・ろ・け・る・た・ま・し・い

 

 

2.Fever《THE CIRCLE(2005年)収録》

ハードロックのB’zが、メタルに近い曲テンポで作ったこの曲は好物としか言いようが無い。それほどにこのリズムは素晴らしいです。

また、歌詞がエロエロなのが妙に曲調に合っていて良い。B’z聴き始めた人がいたらまず勧めます。おそらく、アラクレに比べたら万人ウケするような曲ではないけどもね。

 

目も眩むFever 感激のFever まだ眠ってる敏感なspot
本気になって 探しあてよう 知らない顔を見せてよ
いつか見た炎は 鮮やかにまた燃える

 

 

1.泣いて 泣いて 泣きやんだら《SURVIVE(1997年)収録》

昭和歌謡曲をモチーフしたような曲調でハードロックとは離れています。しかし、この曲の歌詞のメッセージ性を超える曲は無くて、最も気持ちに沁みたなあと。

 

泣いて 泣いて またいつか泣きやんだら
どこか おいしいもの食べにいきましょうか
これは おせっかいか恋の告白なのか?
ねぇあなた 都合いいようにとってくれていいよ
歌ってしまうんだどうしても
うるさく思わないでよね

 

 

 

 

SURVIVE

SURVIVE