Playing Leisure

映画や漫画などの娯楽品の感想と、本業の化粧品の使用感想を書いてます。限られた余暇の中で不定期に更新してます。

【漫画】週刊少年ジャンプ2018年34号 感想

 

週刊少年ジャンプ(34) 2018年 8/6 号 [雑誌]

週刊少年ジャンプ(34) 2018年 8/6 号 [雑誌]

 

 

 

 

 

掲載作品感想

ONE PIECE

ドレークは真打ちの中でも強い位置にいる気がする。というか、いてほしい。

そしてルフィとゾロが相手じゃあホーキンスは勝ち目ないでしょ。ボコボコにしてほしいわ。

 

・Fischer's×ONE PIECE  7つなぎの大秘宝(読み切り)

ONE PIECEをモチーフにした作品って多いんだ。これはそれ程ハマらなかったけど、元が面白い作品だとやりやすいんだろうな。

 

・呪術廻戦

この掲載位置に着くとはすごいなあ。まあ面白いから当然だよ。今週もすごく気になる終わり方だったし、色々なタイプの呪いが今後登場するのが楽しみで仕方ない。

 

Dr.STONE

クロムが頭効かせたけど、司の本陣に1人向かうのはバイヤーだな。そして、次の化学道具は自動車か。これまた面白くなりそう。

 

約束のネバーランド

エマもみんなも無事に生還出来て安堵した。おじさんの名前ユウゴっていうのか。

 

鬼滅の刃

無一郎と玉壺の本気の対決は楽しみ。底知れぬ強さを感じるのは両者に共通してるもんなあ。

 

・アクタージュ

やっぱり舞台編面白くなりそう。景の才能が一層開花されそうだ。

 

ブラッククローバー

敵だった奴が利害の一致で一時的に仲間になるのもベタな展開だよね。

 

僕のヒーローアカデミア

荼毘の改良型脳無を街中で襲撃させた理由と、ホークスの二重スパイ、これらに巻き込まれたエンデヴァー。面白かったけど、今週の1話に詰め込み過ぎて情報量多すぎた。もう少し引き延ばしても良かったと思うが、とりあえずエンデヴァーが死ななくてよかった。

 

・食戟のサンジ(読み切り)

食戟のソーマ作者による、ONE PIECEのサンジを主人公にしたスピンオフ作品。ルフィがバラティエに来る数日前を描いており、まあまあ良かったと思う。特に作画が気合入ってたというか、むちゃくちゃ上手かった。

 

食戟のソーマ

今週登場した新任講師って前回登場したサイバとはちょっと違うような気もするが。でも、言ってることは城一郎と同じだし、今までボロカス言ってたけど来週からの展開が少し気になった。

 

・総合時間事業会社  代表取締役社長専属秘書  田中誠司

ブラッククローバーのような勢いが足りないのが残念。ストーリーはあまり深くないからそっちの方向を目指した方がいいと思う。

 

・アリスと太陽

専門的知識と現実の厳しさを教えてくれる変人教師タイプのキャラってありきたりだよなあ今週登場した新キャラにはありきたりの中に収まっているから、そんなに好きになれるキャラではなかったな。

 

・ハイキュー‼︎

翔陽潰しが成功した孤爪の個人的なショックな気持ちはちょっと分かる。翔陽なら打破してくるだろうという期待は持つからね。

 

ぼくたちは勉強ができない

今週はうるか回。うるかの暴走っぷりが好きになるけど、今週はオチが弱かったなあ。

 

銀魂

松陽の弟子3人のアホすぎる掛け合いが面白いけど、そろそろ見れなくなると思うと少し切ない。

 

火ノ丸相撲

数珠丸に負けるとは思わなかったから、相当刃皇の負けを引きずってるなあ。レイナの思いがけない行動に火ノ丸がトラウマを拭えて吉と出れば良いけど。

 

・キミを侵略せよ!

今週はちょいエロのラブコメで、先週から抱いていた路線変更を本格的にしてきたなと思った。当初からこのペースで行けば良かったんじゃないかな。

 

ゆらぎ荘の幽奈さん

バトルに展開していったか。

 

・ノアズノーツ

たくさん新キャラ出てきたけど、どれも魅力を感じられないのは何故だろう。

 

・紅葉の棋節

2週連続ドベか。将棋の漫画なのに将棋を指してる描写が少ないからイマイチ表現が伝わらなかったところがある。そういうところも一因なんじゃないかな。

 

 

 

 

今週のベスト3

1.僕のヒーローアカデミア

2.アクタージュ

3.銀魂