Playing Leisure

外資系勤務の26歳が書く娯楽感想記。

【漫画】ROUTE END 感想

 

ROUTE END 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ROUTE END 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

 

 

 

あらすじ

人の死が日常的となる職業、“特殊清掃業"を生業とする青年・春野。彼が近隣で続発する連続猟奇殺人事件、「END事件」に足を踏み入れて…。生と死の在り方を問うサイコ・サスペンス開幕!!

 

 

 

 

感想

死をテーマに人間関係を描いたサスペンス作品で、ストーリーにのめり込まれるほどに描写の濃い漫画でした。

 

一個一個の描写がとても深く、非常に読み応えがあります。ただ、バラバラ殺人事件を特殊清掃員の主人公が独自の視点で追っていくだけでなく、その時間に合った被害者遺族や操作する警察たちの身辺もしっかり描かれている。キャラクターの中身を描きながらストーリーを進展させる漫画って、ここ最近では見られない珍しい部類だと思う。

でも、こういうのが読みたくなる漫画として唆られるんです‼︎

 

ストーリー・キャラクター・演出の全てが奥深くて、何度でも読み返したくなる良い作品。もっと有名になって多くの方に読んでほしいと思っています。

 

 

 

 

オススメポイント

・練り込まれたストーリーの漫画が読みたい方

・登場キャラクターに感情移入して読みたい方

・サスペンス作品が好きな方

 

 

 

 

総評

ストーリー  ◎
キャラクター  ○
演出  ○
個人的嗜好  ◎
リピート  ○