仕事も趣味も無理はしない

IT系の外資企業で勤務する27歳。仕事と趣味を中心に書いてます。

【漫画】呪術廻戦とケンガンアシュラが大好きなので簡単に紹介

皆様こんにちは。takahiroです。

最近は汗をかくくらい暑い日が続くようになり、今年も夏が近づいてきたなと思うこの頃です。

 

今回は現在購読中の漫画を紹介したいと思います。この頃漫画を読むことが少なくなってしまい、今読んでいる作品が完結したらもう読まなくなってしまうのではないかと思っています。だがしかし、今回紹介する作品は完結するまで追いかけていきたいと考えているので自信を持って紹介できます。それでは、少しでも参考にして頂ければ幸いです。

 

目次

 -------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

①呪霊と戦う若き呪術師の活躍を描く【呪術廻戦】

呪術廻戦 11 (ジャンプコミックスDIGITAL)

呪術廻戦 11 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

今現在、私の中で最も面白いジャンプ漫画がこの作品です。設定・ストーリー・作画、どれも私好みであり、非常に素晴らしい作品ですね。

本作を単純に解説すると、「呪い」と呼ばれる化け物を退治する呪術師のお話です。この一言に尽きるシンプルな設定ですが、導入はシンプルであればあるほどハマりやすいので本作くらいシンプルなほうが読みやすいです。情報は徐々にインプットしたほうが忘れにくいですからね。

設定はシンプルですが、ストーリーは結構複雑。それもまた深みへハマっていく要因でもあります。1話から読んでいかないと理解が追い付ていかなくなるところもあるため。欠かさず読んでいます。これが非常に面白いのでオススメです。

※今年の10月からアニメが始まるそうなので、それによって人気に火が付くのも期待してます。

 

 

②企業と企業による直接対決【ケンガンアシュラ】

 既に完結している作品ですが、全巻購入して何度も読み直してしまうくらい大好きな作品です。企業と企業による直接対決と書きましたが、要は誰が最も強いか決める喧嘩トーナメントです。

だがしかし、この勝負の駆け引きと迫力が他の格闘漫画とは一線を引いて格別に面白い。簡単に勝敗は読まさないが難しくはない、この絶妙なバランスの展開が何度読んでも飽きることない一因だと思っています。ただ、この作品のバックボーンに感じているのは「鍛錬を極めた者が強い」ということ。ほとんどの勝敗がこれに準じているところも面白いですね。

※続編にあたる「ケンガンオメガ」は現在マンガワンで連載中。この作品も面白いのでオススメです。

 

 

 -------------------------------------------------------------------------------------------------

今回はここまで。現在追っている漫画2作品を紹介致しました。探せば面白い作品はまだまだありますが、新規開拓に時間を向けるのが今一つできていないですね。

今回紹介した作品以外にも購読中の漫画はあるので、そのうちPart2として紹介記事を書いていきたいなと思います。まだ #Stayhome は持続してく必要もあるため、漫画を読む時間を少し増やしていこうとも考えています。それでは。。。

 

takahiro

【音楽】氷室京介LAST GIGSが期間限定で配信されるので、思い出のアルバムを語る

皆様こんにちは。takahiroです。

 

4年前の今日は、氷室京介のLAST GIGSを観るために東京ドームへ行ってました。初めてファンになったアーティストだったので最後のライブが始まる前から色々な思いがこみ上げてきており、開演した直後に感極まった記憶があります。

さて、何故こんな話を急にしたかと言いますと、記念すべき今日この日にLAST GIGSを公式YouTubeで配信することが決定しました。これは素晴らしすぎる計らいですね。


【KYOSUKE HIMURO LAST GIGS】Ⅰ

今日は家の中で全力で盛り上がろうと思います。公開時間まで非常に楽しみです。

 

この記事では氷室京介ファンになったりや大きくハマったきっかけとなったアルバムを3つ厳選して紹介していきます。ファンになって12年。まだまだ浅くはありますが、少しでも楽しんで頂ければ幸いです。

 

目次

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

①ファンになったきっかけ【20th Anniversary ALL SINGLES COMPLETE BEST JUST MOVIN ON】

20th Anniversary ALL SINGLES COMPLETE BEST JUST MOVIN'ON~ALL THE-S-HIT~

20th Anniversary ALL SINGLES COMPLETE BEST JUST MOVIN'ON~ALL THE-S-HIT~

  • アーティスト:氷室京介
  • 発売日: 2008/06/11
  • メディア: CD
 

 私が高校生になって最初の夏休み中にたまたま見た音楽番組で、氷室京介の特集が放送されていました。そのときにこのベストアルバムの紹介もあったのですが、このとき観た氷室京介の姿と歌声に衝撃を受けました。それまでは名前程度しか知らなかったものの、一気に興味がわいてきましたね。まだバイトもしていなかったので少ない貯金を持って近所のCDショップに行き、このベストアルバムを買いました。

【ANGEL】【SWEET REVOLUTION】【Keep the Faith】などは当時の私にはピタッとハマるようなものがあり、通学時にしょっちゅう聴いていた記憶があります。

このアルバムは今でも聴くことがあります。ただ当時とは好みは少し変わって、【SUMMER GAME】【ダイヤモンドダスト】【LOVER'S DAY】辺りを聴くことが多いですね。特に【SUMMER GAME】は社会人になってからは自身を奮起するような曲にもなっていて、結婚式の時にも使ったくらい好きな曲へとなっています。

デビューから20年間のシングル曲が詰まっているので初めて氷室京介の曲を知る方には入りやすい位置付けになっているかと思います。上記に挙げた6曲は個人的にもオススメな曲なので是非聴いてほしいですね。

 

 

氷室京介のライブをイメージできる【The one night stands tour ''Collective Souls''1998】

The One Night Stands~tour“Collective Souls”1998

The One Night Stands~tour“Collective Souls”1998

  • アーティスト:氷室京介
  • 発売日: 1998/12/09
  • メディア: CD
 

 氷室京介のライブへ初めて足を運んだのは2010年のBORDERLESSだったので、ファンになって2年経過した頃でした。(それまでに全アルバムとファンクラブ入会もしてライブに行くまでの体制を整えていました。)

そして実際にライブに行けることとなったのでライブの雰囲気を知るためにも、まずはこのライブCDを購入しました。このアルバムには氷室京介のライブの雰囲気を存分に感じられることが可能で、更にはライブ定番曲も多く収録されているのでとてもタメになる予行演習ができました。このライブアルバムは2枚構成なのですが、2枚目は最初から最後まで氷室京介の疾走感溢れる曲と歌声が楽しめるので、聴いているだけでも抜群にテンションが上がります。

その後ライブDVDも数枚購入して、初めての氷室京介のライブは最高の思い出として心に残っています。

 

 

③全アルバムで最もリピートしたかもしれない【SHAKE THE FAKE】

SHAKE THE FAKE(紙ジャケット仕様)(CCCD)

SHAKE THE FAKE(紙ジャケット仕様)(CCCD)

  • アーティスト:氷室京介
  • 発売日: 2003/07/21
  • メディア: CD
 

 私は音楽を聴くとき、そのアーティストの全曲をシャッフルして聴くことが多いのでアルバム1枚ごと聴くのはあまりありません。アルバムごとに聴くのは購入当初や1時間くらい入浴するときくらいですかね。

氷室京介のアルバムはそれぞれに特徴があって好きなのですが、その中でも最も聴いたであろうアルバムがこの【SHAKE THE FAKE】かと。氷室京介の音楽が持つ疾走感と、胸に響く低温のバラード、自分を見つめ直さなければと考えるきっかけを与えるロックソング、これらのバランスが良いアルバムだなと感じています。

表題曲の【SHAKE THE FAKE】をはじめ、【BREATHLESS】【DON'T SAY GOOD BYE】【LONESOME DUMMY】が私自身にとって様々なことを思い改めなければいけないなと思うようになったかなと。それくらいこのアルバムはリピートしていますし、個人的に響いた曲が多く収録されています。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 今回は氷室京介LAST GIGSのYouTube配信を記念した記事を書きました。ライブをやらないのは寂しいですが、氷室京介が作った音楽は形に残っているのでまだまだ楽しむことが出来ます。また、本日配信されるYouTube氷室京介のライブがどういうものだったかを是非感じて頂きたいと思います。

私も配信に備えて準備するので、今回はこれで終了です。

それでは。。。

 

takahiro

【日常】外出自粛が続いているが、家にいることは苦痛ではない

お題「#おうち時間

 

皆様こんばんは。takahiroです。

 

一部都道府県を除き緊急事態宣言が解除されました。私が住んでいる場所も解除された地域に含まれますが、相変わらず外出自粛の生活を送っています。その理由としては家にいること自体そんなに苦痛を感じないので、もう少し世間が落ち着くまでは続けていこうと思ってます。外出するためにはマスク必須のような謎の雰囲気を感じるし、まだギスギスした空気が漂っていてストレスになるので、自身の精神状態を健やかに保つためにも外出自粛を継続というところですね。

以前もこのお題を書いた記憶がありますが、今回は最近の「#おうち時間」を3点紹介していきたいと思います。

 

■おうち時間の過ごし方

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

①自炊/洗濯/掃除をいつもより時間をかけて丁寧に実行

上記3つは日常生活の中でも常に行っていることですが、最近は時間をかけながら力を込めて行っています。

洗濯と掃除は丁寧に進めていくと作業前後で違いが分かるし、やり切った達成感を味わえるので日ごろのストレス解消にもつながります。生活環境が美しくなるのは健康のためにも良いですしね。しかしその反面、最近はキレイにすることにこだわってきてしまい、清掃用具や洗濯洗剤を色々と買うようになって出費がかさんできています…

自炊に関しては大好きな食べ歩きができないので、それなら食べたいものは自分で作ってしまえの考えから色々と作るようになりました。今までは野菜炒めとみそ汁くらいしか作らなかったものの、和・洋・中・エスニックと様々なジャンルをレシピ動画見ながら作っています。最近は、ぶりの西京焼き・チーズインオムライス・マーボーナス・カオマンガイといったものを作りました。見た目がイマイチだったので写真に残してはいませんが、味は美味しくできました。あと何回か練習すれば、人に提供できるくらいにはなれるかと。そんな感じなので自炊の時間を増やしています。

 

 

②筋トレ

緊急事態宣言後からトレーニングジムが休館となってしまったから自宅でやろうということがきっかけです。腹筋・胸筋・脚なら気軽に鍛えられるから、時間と回数を決めて効率的にトレーニングするよう心がけています。ただ、筋トレに関してはトレーニングジムにある器具を使ってやった方が格段に効率がいいですね。明らかに筋肉のつきかたが違います。それでもやらないよりはマシなのでほぼ毎日やっていますが、トレーニングジムに関しては早く再開してほしいなと願うばかりです。

 

 

③ゲーム

引っ越してからはPS4を押し入れに入れたまま保管していたのですが、先日のGW中にPS STOREでセールが始まったのでこれを機に久しぶりにゲームしようと思って引っ張り出しました。まあ久しぶりにゲームをプレイしたらとても面白いですね。寝る前にちょっとだけやろうと思ってゲームを始めたら、進むにつれて楽しくなって気が付いたら外が明るくなっていたことがここ数日ありました。そのため、寝不足で不調の状態で仕事へ向かうなんてのも続いています。これはよくないライフスタイルだと思いながらも、ゲームの楽しさには誘惑されて結局毎晩プレイしてしまっています。

今ハマっているのは「グランド・セフト・オートⅤ」、通称GTA5です。セールでお得に購入できたから思わず手を出したのですが、これは面白いですね。5年以上前のゲームにも関わらず、こんなにのめり込んでしまうタイトルは久々です。とりあえず本編をクリアしたら、今更感がハンパないですがプレイ感想記事でも書こうかなと思います。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

最近の「#おうち時間」を紹介しきったところで、今回の記事は以上です。

まだしばらくはこの生活が続くと思いますが、明るい未来を思い浮かべながらなんとか乗り切っていきましょう。

 

takahiro